開通式

市内から高梁川を渡って船穂町柳井原地区を結ぶ待望の倉敷大橋の開通式が、柳井原小学校にて開催され参加しました。その後、新橋に移動して渡り初め式がありました。写真はテープカット前の渡り初め式の場所です。平成17年に倉敷市と船穂町・真備町が合併してからの、待ちに待った新橋です。公募で募集した倉敷大橋というネーミング、応募された8名の方に感謝状が贈られました。渋滞解消だけでなく、人・モノの交流が深まることを願っています。お世話になりました。

藤井しょうすけ

未来への責任

0コメント

  • 1000 / 1000