限界集落株式会社(本)

東京で金融機関の第一線で活躍していた優は、金融機関を退社して友人と投資会社を始める前に、止村という父の生家で少しのんびりするつもりで村を訪ね、そこから止村という限界集落を農業生産本人として蘇らせる読み応えのある一冊。

0コメント

  • 1000 / 1000